既婚女性と単居独身女性の完全失業率が増加~統計メールニュースNo.1146より

統計メールニュースNo.1146(2019.5.31)
====================================
【本日の公表データ】
■労働力調査(基本集計:2019年4月分)
○就業者数は6708万人と,1年前に比べ37万人の増加。76か月連続の増加。
○完全失業者数は176万人と,1年前に比べ4万人の減少。2か月ぶりの減少。
○完全失業率(季節調整値)は2.4%と,前月に比べ0.1ポイントの低下。
 https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html
※原報告書
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201904.pdf

■消費者物価指数(東京都区部:2019年5月中旬速報値)(2015年=100)
○総合指数は101.6と,1年前に比べ1.1%の上昇。季節調整値は,前月に比べ0.2%の下落。
○生鮮食品を除く総合指数は101.6と,1年前に比べ1.1%の上昇。季節調整値は,前月に比べ0.2%の下落。
○生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は101.7と,1年前に比べ0.8%の上昇。季節調整値は,前月に比べ0.2%の下落。
 https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-t.html


>完全失業者数は176万人。前年同月に比べ4万人(2.2%)の減少。2か月ぶりの減少 >・男性は前年同月に比べ9万人の減少, 女性は前年同月に比べ5万人の増加

 この男女差は、一体何…?

 世代的な差は特に見られないようですが、男女関係なく「2人以上世帯」の「世帯主とその配偶者」以外(多くの場合は子供と考えられる)で完全失業率が大幅に減っている一方で、「世帯主の配偶者」と単身世帯でむしろ増えてるようです。

 つまり、既婚女性と単居独身女性の完全失業率が増えている、と。

関連:
就活で男は銃殺され、女は強姦される

燻り続ける”上級国民”への反感


||||||||||||||

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

||||||||||||||