JR東海、中央新幹線中央アルプストンネル(萩の平)工区資料を発表

 大井川の水涸れ問題などで静岡県が反対して暗礁に乗り上げかけている南アルプストンネルの話では無く、そのもっと西側の、長野県内の飯田市~南木曾町の中央アルプスを貫くトンネル工事に関する資料です。

資料PDF(JR東海Webサイトより):
https://company.jr-central.co.jp/chuoshinkansen/efforts/nagano/_pdf/tunnel_haginodaira.pdf

 
 今から阿智村内に工事拠点を作って、工事用の道路確幅工事をして、それと平行して希少植物などの環境影響評価もして、それから本工事に取りかかるようです。


(資料8ページより)

 工事、全然進んでないんですね。或いは(ルート変更があり得るから)敢えて進めてこなかったのか。


||||||||||||||

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

||||||||||||||