氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?【毎日】

氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
Yahoo – 毎日新聞 7/15(月) 14:00

 氷河期世代と一口に言っても、実は前期と後期では意識に結構差があったりするのですが。

 前期氷河期世代は、バブル景気の繁栄を見て、自分達の版が来る直前にそれが崩壊したてしまった世代なので、”喪失感”がハンパ無いんですね。隙あらばバブル世代やその上の世代の寝首をかいてやろうと思ってる奴は、確かに多い。
 それに対して後期世代は、世の中を知る頃には既に「失われた20年」に突入してたので、最初から終わってるという諦めが支配してんですね。ぶっちゃけ、ゴーストタウンのチンピラと意識が変わらんのが多い。
 
 だから、前期氷河期世代は2009年には民主党政権を作ったし、それが倒されても2017年には枝野幸男をけしかけて立憲民主党を立ち上げて野党第1党に持っていった。
 対して後期氷河期世代は、とにかくそういう”意識の高い”行為の足を引っ張ることで快感を得ている手合いが、非常に多い。そもそも政治に期待していない。

 受けた扱いは同じでも、意識や行動は違うんですね。一括りにできない。

 ただ一つ言えるのは、議員の候補者になるような人は、年齢的には氷河期世代であってもなにがしか良い人生を歩んできた「勝ち組」が圧倒的に多いんですよね。
 そういう人はもう、話通じないです。ほんと。老害と変わらん。

 本当は、暇だったら、候補者全員の話を実際聞いて、話の通じる奴かどうか見極めるといいんですけどね。


||||||||||||||

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

||||||||||||||